脳梗塞は冬ではなく夏に多い!驚きの家庭の医学新常識です。貴方が知らなかった医療の本当の話を公開します!

暑い夏が近づく中、脱水症状になることで脳梗塞を引き起こしてしまいます。

脳梗塞の嘘・ホントの話。脳梗塞は冬よりも夏のほうがかかるリスクが高いです。

冬は寒い時期であるために、血圧が高くなりがち。だから脳梗塞になりやすくなってしまう。こんな話聞いたことがありませんか?

身内にシニアの方がいらっしゃる大人の女性であるのなら、こういった話を聞いたことがあるかもしれません。脳の話は決して他人事にはできませんから、脳の健康は誰もが気になる話でもあります。

確かに冬も脳梗塞が多い季節となりますが、実は脳梗塞が一番多いのは冬ではなく、夏なのです。夏に脳梗塞が多くなるといわれるとピンと来ないかもしれません。しかしそれはたくさん汗を掻いてしまうからこそ、脳梗塞のリスクが上がってしまうのです。

汗を掻くことでなりやすい脳梗塞。それを防ぐためには、水分をきちんと摂ることを心がけましょう。

骨とセカンドライフ

夏は暑い時期であるために、当然たくさんの汗を掻きます。すると体が脱水状態になってしまい、血液の粘性が高まってしまいます。流れが悪くなることで、血管が詰まりやすくなるのです。

また、夏バテや食欲が無くなったり、暑くて眠れず睡眠不足に陥りやすい時期でもあります。それに冷房が効いた場所から熱い外に出るという温度差もまた血管に大きな負担をかけます。

これらの要因が結び付いて、夏は脳梗塞になりやすくなってしまうという訳です。だからこそ、夏には特に水分補給を大切にしないといけなくなるのです。

1日1.5リットルから2リットルの水分補給を致しましょう。その際、塩タブレットやスポーツドリンクを時々飲んでください。

注意をしたいのは、塩タブレットとスポーツドリンクを一緒に摂ること。これだけは絶対にやめてください。塩タブレットとスポーツドリンクを一緒に摂れば塩分の摂りすぎで危ないです。

日本人は基本、塩分の多い食事ばかりとっています。ですから外で滝のように汗を掻いた!という時に塩タブレットをつまむくらいでいいのです。

スポーツドリンクや塩タブレットばかりに頼ってしまうと塩分や糖分の摂りすぎになって逆に健康を害してしまうことを忘れないでください。

暑い夏が近づく中、脱水症状になることで脳梗塞を引き起こしてしまいます。

  • 冬に多いと言われている脳梗塞は、実は夏が一番多くなります。
  • 夏に多くなる理由は、汗を掻くことでの脱水状態に陥ることが原因です。
  • 夏には水分補給が大切になりますしかし塩分の摂りすぎは気を付けて。
  • 塩タブレットとスポーツドリンクを一緒に摂ると塩分過剰摂取になります。


また、お風呂上りに冷たいビールを一杯!というのは、アルコールは脱水作用があるのでやめた方がいいですよ?

読み上げ時間:約151秒/斜め読み時間:約38秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいヘルスケア(家庭の医学)のアレコレを紹介

体に良いと思い続けていたことが、実は嘘だった。今時珍しくない話です。発展し続ける現代医療は、昔あった医療を嘘だと証明していっています。まるで裏切られたような気持になってしまうのも、よくわかります。しかし、よく見てみると様々な健康法の中には、あやしいものも沢山あります。特にネギを首に巻くと風邪がよくなるというのは、一番あやしい方法の一つです。医者の方も、実際「食べてください」とツッコミを入れています。これは本当に常識なのか。なぜこの医療がいいのかという根拠のお話をお届けいたします。