糖尿病の薬の進化がはついにここまで来ていた!実はここまで進んでいた医学の進歩と驚きの新常識!

糖尿病治療発展の話

糖尿病。そう言われて思いつくのは暗いイメージだと思います。

糖尿病は生活習慣の乱れや糖質の摂りすぎによりなってしまう病気で、糖尿病の治療といえば薬を飲み続けたり、自分で注射をしなければならない。

金銭的にも精神的にも負担のかかるという印象を持っている人がほとんどです。一生治らないという話もあるくらいですから当然ですよね。

ところが最近の糖尿病治療薬というのは、ここ数年で大きく進歩しているのです。


糖尿病治療が煩わしいものだというイメージもまた変わるでしょう。2009年に糖尿病の新薬「インクレチン関連薬」というのが発売されました。

従来の糖尿病薬というのは、インスリンが効きすぎる副作用として動機や冷や汗の原因となる低血糖状態に陥る心配がありました。しかし、新たに開発されたインクレチン関連薬は、低血糖を呼び起こす心配が無いのです。

インクレチンというのはインスリン分泌を促す消化管ホルモンの総称であり、インスリン分泌量を調整する働きがあります。つまりインクレチンを長く体内に留めさせることで、ちょうどよいインスリンを分泌させます。そのために低血糖を起こす心配はほとんどないのです。

これによって、薬を飲むことで低血糖の心配をしなくてもよくなり、無駄な気負いなども無くなりますよ!インスリン注射もまた、痛くて怖い注射というイメージが、ずっとラクになっているのです。

最新式のインスリン注射とはほとんど痛くはありません。そして注射を打つのは1日1回お腹に自己注射をするだけです。それもお腹にプチっと刺して10秒すれば終わるようななんとも、簡単なものに進化しました。

そしてこの注射は使い捨てという手軽さも嬉しいもの。簡単に確実に血糖値を下げられるといいわけです。また、注射ではなく「埋め込み型インスリン治療」というのもまた実施されています。

小さな器具を手術によってお腹の皮下に埋め込み、そこからインスリンを分泌させるという治療法が、すでにアメリカでは行われています。

こうした画期的な治療法が日本でも行われるようになれば、自己注射からも解放され、患者の負担がより軽くなるのです!また、ポケットに収まるような小ささの血糖値を図る機械も発明されていて、どこでも血糖値が図れるのです。

糖尿病治療発展の話

  • 糖尿病のイメージ
  • 進化した糖尿病治療
  • 「インクレチン関連薬」とは?
  • 進化したインスリン注射
  • 「埋め込み型インスリン治療」


一気に進んだ糖尿病の医学は、患者の負担がこんなにも軽減されているのです!

読み上げ時間:約161秒/斜め読み時間:約37秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいヘルスケア(家庭の医学)のアレコレを紹介

体に良いと思い続けていたことが、実は嘘だった。今時珍しくない話です。発展し続ける現代医療は、昔あった医療を嘘だと証明していっています。まるで裏切られたような気持になってしまうのも、よくわかります。しかし、よく見てみると様々な健康法の中には、あやしいものも沢山あります。特にネギを首に巻くと風邪がよくなるというのは、一番あやしい方法の一つです。医者の方も、実際「食べてください」とツッコミを入れています。これは本当に常識なのか。なぜこの医療がいいのかという根拠のお話をお届けいたします。