糖尿病の原因は日本人であることってどういう事!?生活習慣病の驚くべき真実!

日本人は糖尿病になりやすい理由

ダイエットに励んでいらっしゃる大人女子の方には、太りやすい人もいれば太りにくい人もいることを実感されていると思います。

この違いは遺伝子が関係しているのですが、それってショックですよね…

倹約遺伝子と呼ばれる低燃費な遺伝子というのは、食料が少なかった時代には生き残りやすく、非常に有利な体質を持っていました。

しかし、今の食料があふれる時代になると、「たくさん食べていないのに太りやすい」という体質になってしまうのです。


かつての時代では有利だった遺伝子も、今の時代では不利だということになります。

さて、なぜこの話を始めたかというと、現代日本が抱える健康問題の一つである、生活習慣病が大きくかかわっているからです。

糖尿病や高血圧を代表とする生活習慣病は、実はこの倹約遺伝子を持っているからかかりやすかったというわけなのです。

そしてなんと、私たち日本人の3人に一人は、この倹約遺伝子を受け継いでいるとされています。

倹約遺伝子は約200キロカロリー分ほど太りやすい結果となります。たったそれだけ?いいえ、それは違います。

塵も積もれば山となる。倹約遺伝子を持つ人は持たない人に比べて食生活に気を付けなければ、すぐに太ってしまうのですから。

その上、日本人を含むアジア人というのは欧米に比べて膵臓が弱く、インスリンを出す力が弱いのです。

何が言いたいかというと、要するにただでさえ太りやすいというのに、膵臓の力はそんなに強くはありません。

膵臓の力は強くはないのに、たくさん食べて太ってしまうと、膵臓のインスリンを出す力は食べる量に追い付かなくなってゆきます。

ブドウ糖をエネルギーに替えきれなくなり、そして糖尿病のリスクが上がっていってしまうのです。

アメリカというのはかなりの肥満体国ですが、意外にも糖尿病患者というのはそこまで多くないそうです。

つまり、日本人特有の「太りやすく膵臓が弱い体質」を受け継いでしまっているから、太りやすいのです。

よく、欧米食は太りやすいと謳われるのは、日本人の体質が関係しているからなんですね。

日本人は、食べすぎには向かない体であることを自覚する必要がある。

日本人は糖尿病になりやすい理由

  • 倹約遺伝子という太りやすい遺伝子がある
  • 日本人は3人に1人倹約遺伝子を持ってる
  • 倹約遺伝子は生活習慣病とかかわりがある
  • 日本人は膵臓が弱い
  • 膵臓が弱く太りやすいために糖尿病になる


デトックス関連で「肌がきれいになる」「体の中をきれいにする」といった文句は少し警戒してください。

読み上げ時間:約143秒/斜め読み時間:約35秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいヘルスケア(家庭の医学)のアレコレを紹介

体に良いと思い続けていたことが、実は嘘だった。今時珍しくない話です。発展し続ける現代医療は、昔あった医療を嘘だと証明していっています。まるで裏切られたような気持になってしまうのも、よくわかります。しかし、よく見てみると様々な健康法の中には、あやしいものも沢山あります。特にネギを首に巻くと風邪がよくなるというのは、一番あやしい方法の一つです。医者の方も、実際「食べてください」とツッコミを入れています。これは本当に常識なのか。なぜこの医療がいいのかという根拠のお話をお届けいたします。