二重あごや二の腕のような部分は痩せるのは不可能?

迷信・言い伝えのウソ

太っているわけではないけれど、とある部分の脂肪を落したい。

そんな「部分痩せ」は本当にできるものでしょうか?

女性が気になる部分としては、二の腕やおなか。太ももやふくらはぎなどだと思います。

大人女子にとって、ふとした瞬間にものすごく気になってしまう場所ですよね。

結論から言ってしまうと、部分痩せは科学的根拠がありません。

肥満の原因である脂肪組織は体中に散らばっています。

そのために、気になる部分を集中的に筋トレをしたとしてもそこの脂肪が優先的に燃えるわけではありません。

よく、二の腕の脂肪を燃やしたいからとダンベル運動に励む人がいます。

運動を続けることで体脂肪が燃焼するのは事実ですが、だからと言って二の腕の脂肪が燃えているわけではありません。

体全身の脂肪がまんべんなく燃えているのだと、考えてください。

筋トレをすることで体は引き締まってゆきますが、引き締まるイコール痩せたとはならないのです。

また、部分痩せをするために、マッサージをして痩せるというダイエット方法があります。

機械を当てて振動させることで、脂肪を散らすというものですが、これもまた非科学的な話です。

何故かというと、脂肪組織というのはバラバラに散らすことができません。

脂肪は細胞という一つ一つの区切りに収まっているもの。

これで細くなったというのはそこに溜まっていた水分が散ったから。

つまり、むくみが解消したからなのです。


部分痩せダイエットは科学的根拠はないために、痩せるなら脂肪吸引へ。

読み上げ時間:約104秒/斜め読み時間:約26秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいヘルスケア(家庭の医学)のアレコレを紹介

体に良いと思い続けていたことが、実は嘘だった。今時珍しくない話です。発展し続ける現代医療は、昔あった医療を嘘だと証明していっています。まるで裏切られたような気持になってしまうのも、よくわかります。しかし、よく見てみると様々な健康法の中には、あやしいものも沢山あります。特にネギを首に巻くと風邪がよくなるというのは、一番あやしい方法の一つです。医者の方も、実際「食べてください」とツッコミを入れています。これは本当に常識なのか。なぜこの医療がいいのかという根拠のお話をお届けいたします。