動脈硬化予防はココアで血管を守れる

008

ココアはお好きでしょうか?

大人女子の皆様は、大好きだという人も多いことでしょう。

じつはそのココアは、ポリフェノールがたくさん含まれている健康食品なのです。

ポリフェノールの代表と言えば、赤ワインを連想されるかもしれません。

しかし、実際は赤ワインに比べてダントツに多いという優秀食品だということが最近分かったのです。

ココアは、カカオ・ポリフェノールというものが豊富です。

このカカオ・ポリフェノールは、心臓病の一大原因である動脈硬化の予防をしてくれます。

動脈硬化は、血管の炎症によって進行しやすくなります。

しかしココアを飲むことで、血管に炎症を起こすリスクが減ったという結果があるのです。

また、寒い冬の時期に毎年大流行りするインフルエンザ。

このインフルエンザなどのウイルスに対抗する免疫力を高める効果が、ココアにはあるそうです。

さらに、血圧降下作用やインスリン抵抗性の改善なども確認されているのです。

ちなみに、カカオ・ポリフェノールは、嬉しいことにチョコレートにも豊富です。

チョコレートは、便秘改善の効果を持つスーパーフード。

また、心を落ち着かせる作用も、確認されています。

ハリーポッターのルーピン先生も、ハリーにチョコレートを上げるシーンは有名です。

しかし、チョコレートはブラックチョコレートにポリフェノールが多いです。

ミルクチョコレートやホワイトチョコはあまり期待できません。

また、食べすぎれば血糖値上昇や、ニキビの原因にもなることをお忘れなく。


カカオとチョコレートを習慣づけて、しかし少量を食べることを意識してください。

読み上げ時間:約110秒/斜め読み時間:約36秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいヘルスケア(家庭の医学)のアレコレを紹介

体に良いと思い続けていたことが、実は嘘だった。今時珍しくない話です。発展し続ける現代医療は、昔あった医療を嘘だと証明していっています。まるで裏切られたような気持になってしまうのも、よくわかります。しかし、よく見てみると様々な健康法の中には、あやしいものも沢山あります。特にネギを首に巻くと風邪がよくなるというのは、一番あやしい方法の一つです。医者の方も、実際「食べてください」とツッコミを入れています。これは本当に常識なのか。なぜこの医療がいいのかという根拠のお話をお届けいたします。