湿布の種類と効き目。おすすめの使い分け方

005

仕事によって、肩や腰、膝を痛める大人女子の皆様。お疲れ様です。

湿布を張りたいけれど、湿布には冷湿布と温湿布の二種類がありますよね。

早く治ってほしいから、どちらを使うべきなのか……

ここで一つ、冷湿布も温湿布も、実は同じ鎮痛剤を使っています。

つまり、薬としての効果というのは同じなのです。

2種類の違いというのは、文字通り冷やすのか、温めるのか。

冷湿布は冷たさを感じれるようにハッカ成分が含まれており、サロンシップはこちらになります。

温湿布は温かさを感じれるように唐辛子成分が入っており、フェイタスはこちらになります。

つまり、効き目は同じために、基本的にはどちらを貼っても効果は同じなのです。

とはいっても、やはり症状の違いによっては貼り分けるのがおすすめ。

冷湿布は、ぎっくり腰やねんざなど、腫れあがり熱を持つような、突然襲ってくる急性の痛みに使用します。

ぎっくり腰の場合は冷湿布を貼り、またお風呂はぬるいお湯に浸かるようにしてください。

肩こりや膝の痛み。腰痛などの慢性的な痛みには、温湿布を使用してください。

温めることで血行の改善を目指します。

また、温湿布には温めるために唐辛子成分が入っているため、お風呂に浸かると肌がヒリヒリとすることも。

つまり、急性の痛みには患部を冷やす冷湿布を。

慢性の痛みには血行を良くする温湿布と考えてよいでしょう。


湿布を貼っても改善がなかったり、腫れがひどい場合は整形外科を受診してください。

読み上げ時間:約101秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事


知っておきたいヘルスケア(家庭の医学)のアレコレを紹介

体に良いと思い続けていたことが、実は嘘だった。今時珍しくない話です。発展し続ける現代医療は、昔あった医療を嘘だと証明していっています。まるで裏切られたような気持になってしまうのも、よくわかります。しかし、よく見てみると様々な健康法の中には、あやしいものも沢山あります。特にネギを首に巻くと風邪がよくなるというのは、一番あやしい方法の一つです。医者の方も、実際「食べてください」とツッコミを入れています。これは本当に常識なのか。なぜこの医療がいいのかという根拠のお話をお届けいたします。