お店が出来るまで「集客」や「宣伝」は行わない。

hp_seisaku_0_002

利益を上げるためには、サイトにお客さんを呼び込んで商品を見てもらったり買ってもらったりする必要がありますよね。でも、その工程はサイトやお店としての内容がしっかり出来るまでは待ちましょう

急いでお客さんを呼んでも、中途半端に出来た状態では信用や好感度を下げるだけです。それは結果的に、後の集客を減らすことに繋がるでしょう。これではビジネスは成功しません。

人によっては、ライバル店と比べて店を選ぶ方もいます。そういった人を会得するためには、SEO対策をしたりするのもストップ。まずはお店のレベルがどこに出しても問題ない、恥ずかしくない!と胸を張って言えるものにしていきましょう。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ホームページ制作の裏ワザ基礎知識

初心者がホームページの文章を書く場合、内容のない、ただ、きれいな言葉だけを連ねてもまったく意味がありません。誰でも思う事ですが、文章を書くという行為が得意。という方はそれほど多くはありません。ましては、自分の会社やお店のホームページの中の文章となるとなおさらです。しかし、自分の体験や知識をそのまま文章にする事はそんなに難しく考える必要は無いと思います。 必ず、自分で実行した結果を書けば良いだけです。どうしてこの職業なのか?そのルーツは?や、そのビジネスのどこにやりがいを持っているのか?など、自身の気持ちと向き合えば出て来る言葉があるはずです。ホームページは最強のビジネスツールなのです。