ウェブサイトを自分で作る場合のメリットデメリット

homepage_008

実は、HPを作っていくための方法はいくつかあるのです。ここでは自分で作っていく方法を紹介してみます。

自分自身で好きに作りたいと思う場合は、無料のソフトをダウンロードして作っていったり、市販のホームページソフトを購入し、作り上げていくという方法があります。HPを作る!と考えると、真っ先に思いつくのがこれではないでしょうか?
これらの特徴は比較的安いコストで作り上げていくことが可能なことなのですが、勿論デメリットもあります。それは、タグやHTMLなどの作成に必要な知識が必要不可欠だということ。その為、難易度は高くなってしまうのですが。

他でも触れていますが、ホームページを自身で制作するのか、業者に依頼するのかには、その後をどうしたいのか?で大きく方向性が決まってきます。

例えば、ホームページで集客や売上を考えているのであれば、自身で制作する事は、その後の大きな問題をクリアする事も困難になる場合があります。それは、ホームページで集客を考える場合、【露出】という戦略を考えなければならないからです。一番はSEO。googleの検索に認識してもらう為のサイトの作成方法を自身でクリアするのは困難だと思います。もちろん、充分な時間があれば、調べて、実現させることは可能です。

オススメする方法は、サイトは業者に依頼し、フェイスブックやツイッターなど、自身で容易にクリア出来るSNSは自分で公開し、人とつながる集客を目指すことです。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ホームページ制作の裏ワザ基礎知識

初心者がホームページの文章を書く場合、内容のない、ただ、きれいな言葉だけを連ねてもまったく意味がありません。誰でも思う事ですが、文章を書くという行為が得意。という方はそれほど多くはありません。ましては、自分の会社やお店のホームページの中の文章となるとなおさらです。しかし、自分の体験や知識をそのまま文章にする事はそんなに難しく考える必要は無いと思います。 必ず、自分で実行した結果を書けば良いだけです。どうしてこの職業なのか?そのルーツは?や、そのビジネスのどこにやりがいを持っているのか?など、自身の気持ちと向き合えば出て来る言葉があるはずです。ホームページは最強のビジネスツールなのです。