クラウドサーバーの仕組みと由来

homepage_007

データを端末ではなく、ネット上で保存する「クラウドコンピューティング」。これを操作できるサーバーこそが「クラウドサーバー」といいます。

通信パケットがどんな経由で通っているかが目に見えない為、その存在はまさに「雲」なのです。これこそが、クラウドの名前の由来となっています。

そして、このクラウドサーバーはブラウザから操作することが出来るのです。なので、インターネットに接続できるパソコンがあれば、サーバーじょうでデーター処理を行うことが可能となります。


そもそも、クラウド(Cloud)とは、もし難しい・・・と思ってませんか?実は、もう生活の中であなたもクラウドに触れているかもしれません。

例えば・・・Googleのメール(Gメール)です。アドレス帳やメールデータなどがすべてインターネット上に保存され、メール送受信の時もインターネット上のアプリケーションを介して使用するデータの保管されている形式のものなど・・・。

クラウド(Cloud)って英語でいうと難しく聞こえたりしますよね。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ホームページ制作の裏ワザ基礎知識

初心者がホームページの文章を書く場合、内容のない、ただ、きれいな言葉だけを連ねてもまったく意味がありません。誰でも思う事ですが、文章を書くという行為が得意。という方はそれほど多くはありません。ましては、自分の会社やお店のホームページの中の文章となるとなおさらです。しかし、自分の体験や知識をそのまま文章にする事はそんなに難しく考える必要は無いと思います。 必ず、自分で実行した結果を書けば良いだけです。どうしてこの職業なのか?そのルーツは?や、そのビジネスのどこにやりがいを持っているのか?など、自身の気持ちと向き合えば出て来る言葉があるはずです。ホームページは最強のビジネスツールなのです。