小さな会社でも勝てるホームページ戦略①

homepage_002

小さな会社こそ、ホームページで成功する方法があります。それは、大きな会社と『差別化』された会社の戦略をホームページ上で表現できるからです。

上場企業も町の小さな会社も、goggleで検索すれば表示されます。まぁ、SEOといわれるキーワード検索での上位表示のことは今回は割愛しますね。別途、イット!ではSEOの事も情報配信いたします。

では、小さな会社でも、勝てるホームページの戦略のことに戻りますが、例えば、不動産業の会社がホームページを作るとします。

それは地域密着という戦略で。その地域密着にプラス、ペット可の賃貸マンションに特化します。


そして、それをホームページにキャッチフレーズとして打ち出すのです。

不動産業を営む方であれば、ペット可の賃貸マンションの物件の事はよく知っているハズ。その独自のノウハウで、より専門分野を作り、それに特化したホームページで大手に出来ないコンテンツでの勝負に打って出るのです。

ホームページは会社の人件費ほどのコストもかかりません。町の不動産屋さんであれば、地域に特化した局地戦に強い運営が可能になるわけです。コレは大きな損失を回避することが可能な方法です。

ココで大事になるのがホームページの制作はどうするのか?です。

一番のリスク回避は、実は『ホームページを自身で作らない事』です。案外、コストを考えた小さな会社は、会社のスタッフや社長が自らホームページ作る。という考えがあるようです。

ただ、よく考えて下さい。最近ではユーチューバーと呼ばれる動画でお小遣い稼ぎが出来る。といわれています。しかし、映像は、目で訴えかける広告です。趣味の動画を1分ほどで素人が作ったものを、見る側が本当にその映像を信用してみるでしょうか・・・。

ただ、単に面白いだけで雑に作られていては、商売にはなりません。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ホームページ制作の裏ワザ基礎知識

初心者がホームページの文章を書く場合、内容のない、ただ、きれいな言葉だけを連ねてもまったく意味がありません。誰でも思う事ですが、文章を書くという行為が得意。という方はそれほど多くはありません。ましては、自分の会社やお店のホームページの中の文章となるとなおさらです。しかし、自分の体験や知識をそのまま文章にする事はそんなに難しく考える必要は無いと思います。 必ず、自分で実行した結果を書けば良いだけです。どうしてこの職業なのか?そのルーツは?や、そのビジネスのどこにやりがいを持っているのか?など、自身の気持ちと向き合えば出て来る言葉があるはずです。ホームページは最強のビジネスツールなのです。