商品を売るためにターゲットとSEOの関係

netshop_0_006

ネットショップ経営で成功するための方法を紹介するイット!ではSEOとの関係性もあると考えます。

商品を売るためには、ターゲットを明確に設定し、そのニーズに合った商品選定をすることも大事となりますが、

インターネットの一番の入り口は、『検索』です。

例えば食料品を扱ったネットショップなら、安さを優先するのか、安全性を売るのか、どんな年代に見てもらい、買ってもらいたいかなどを決め、ターゲットを絞り込み、それを売りにすることはどこのショッピングサイトでもさまざまな工夫を行っています。

大きなカテゴリで商品を販売するサイトなどでは特にSEO対策が必要となります。商品名や、購入シーンを考えたキーワードを絞り込むことで、検索結果の数値は狭まっていきます。それでも本当にいいものを探すお客は、いろんなワードと感情を検索するものです。SEOとは、ドッグフード や、指輪などといった大きなワードで対策を行うことだけを言うのではありません。

『3歳児 犬 ドッグフード』 や、『サプライズ 安い 指輪 プレゼント』など、買う側は何かの感情をもって検索をした際に強い購買意欲があるのです。
 
また、「この商品を買った人はこんな商品も」と他の商品を同時に進めることで、同時注文を誘導することも可能となるのです。しかし、商品同士の連携があることが第一でしょう。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

ECサイトの裏ワザ基礎知識

ネットショップで成功するのは難しい・・・最近は巷でよくこの言葉を目にします。この考えは実は正しいのです。ネットショップのサイトを作り、ブログを更新し、価格を安くして運営すれば誰でも収益を上げる事が出来る時代が少し前で終わったからです。イット!はこれからインターネットのショッピングサイトをゼロから行う方でも成功する秘訣とテクニックをゼロから教えます。継続する根気と正しい認と、知識があればネットショップは儲かります!