血液型は相性だけではなく、職業適性も参考になる 【A型編】

uranai_083

血液型で4種類に分類なんて出来ない!と言う人もいます。しかしやっぱり血液型占いはどこか当たっている気がしませんか?統計学的な要素もあるので、あながちハズレばかりではないはずですよ!

血液型職業適性をご紹介します。

A型の職業適性

A型は責任感が非常に強いため、起業するよりはサラリーマンが向いているタイプです。
アイデアマンではありませんが、堅実にコツコツと仕事をこなしていくことは得意です。


初見の仕事では時間がかかっても2回目以降は要領よくスピーディーに進めます。時間にルーズなのが大嫌いなので、納期に遅れる事はなく、社内外での評価は高い方です。
自分を良く見せるのは苦手ですが、その仕事ぶりを評価され出世します。

また、トップに立つよりは2番手で輝きます。

几帳面な性格はデスクワークに向いています。経理やシステムエンジニア、銀行員などがオススメ。アイデアを必要とする分野や、デザイン関係にはあまり向いていません。

しかし、与えられた仕事を投げ出すことを嫌うため、苦手な分野でもがむしゃらに頑張ります。

※イット!はオレンジ文字斜め読み

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。