夢占いのなかで、健康の不調を意味する夢は身体のパーツで読み取れる?5つの例

uranai_075

体のパーツが気になる夢は、上半身と下半身で読み解き方が変わります。基本的には上半身が精神性、下半身が本能や、現実性を表します。夢で特定の部位がどうしても気になる場合は、体の不調のサインかもしれませんので、注意して思い出してみましょう。それでは、例を5つご紹介します。

顔(頭)
表面的な自分の姿、周囲の人が抱く自分の印象に気を使っていることを表します。もし、顔や頭がない夢を見たら、現実にばかり気をとられ、内面に目が向けられていないというアドバイスです。自分の顔色に驚く夢、又は鏡で顔を確認する夢は、自分がどんな姿をしていたか振り返ってみましょう。未来の姿を暗示しているかもしれません。


手は具体的な行動、創造力の源の象徴です。右手は正しさや公平性、力、左手は不正や嘘、ごまかしを意味しています。握手をする夢は、右手なら握手をした相手との関係を発展させ、受け入れることを表し、左手なら、未知のものに対して理解を示そうと努力する決意を表しています。


首は精神面と現実面を繋ぐ大切な役割を担う部位です。しっかりと太い首を得る夢は、理想と現実が結びつくことを差しています。近いうちに望みどおりの展開が訪れるでしょう。自分の首を自分で絞める夢は、自分に自信を失っている状態です。原因を考え、物事にしっかり注力できる体制を整えましょう。


お腹が気になる夢は、感情を抑えていることを意味します。お腹が固くなればなるほど状態は深刻です。お腹を誰かに見せたり、お腹から何かが飛び出す夢は問題が表面化する予兆です。溜めすぎず、感情を上手くコントロールするように、という心のサインでもあります。


行動力の象徴です。足を怪我したり、痛める夢は予知夢ではなく「少し休みたい。怠けたい」という気持ちを表しているか、準備不足な状態で、勝負に挑むことを表しています。重い足を引きずって歩いている夢は、物事に囚われすぎている状態です。想像力を働かせることで問題を突破できるでしょう

※イット!はオレンジ文字斜め読み

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。