夢占いで災害や事故の暗示する意味は、人生に大きな変化が起こる予兆。です。その5パターン

uranai_073

(自動車)事故や地震、雷、火事といった災害の夢は、良くも悪くも出来事の大きさを表しています。

感情の変化や抑圧といった意味もありますので、大きなエネルギーの爆発が起こる可能性もあるということです。


自分自身が災害に巻き込まれることで、吉夢に転ずるものもあります。


それでは、例を5つ見てみましょう。


地震
精神的、肉体的に影響の大きな出来事が近々起こることを暗示しています。家にいる時に地震が起こったなら、身内の誰かに大きな変化の兆し、電車や車での移動中だった場合は、恋愛面での心理的変化が予想されるでしょう。揺れがすぐ収まった場合は、環境の変化にやがて適応できることを示しています。


想定外の出来事が起こることを意味しています。自分が雷に打たれた場合は、人生が180度変わってしまうような環境の変化が起こるかもしれません。稲妻と雷の音が聞こえてくる夢は近々、躍進するチャンスが訪れる吉夢です。

火事
基本には、感情の昂り、欲求や願望を表す夢ですが、仕事や昇進にまつわる吉夢でもあり、思いがけない利益、財産獲得の可能性も。自分自身が火事で火傷した場合は、地位の変動や、新しい仲間を得ることを意味します。山火事などの大規模な災害は、感情の抑制が効かなくなり、問題が広範囲に拡大してしまうことを暗示しているので注意が必要。

洪水
大多数の人のプレッシャーや、意識の洪水を表します。水は恋心を表すものでもありますから、失恋した後にも多く見られる夢です。洪水が起こったのを見ている夢は、周囲からプレッシャーを感じ、自分の能力に自信がない状態。洪水に流されてしまう夢は、あなたが他人の意見に流されやすくなっていることを表します。感情に溺れず、冷静に対処しましょう。

事故
焦りや、それに伴う後ろめたさ、罪悪感を象徴しています。物事が上手く行かないよう、自分で意識せずに罰を科している状態です。車で誰かを事故に遭わせてしまう夢は、自身の認めがたい一面から目を逸らそうとしていることを意味します。理想と現実の乖離が大きい場合は一度自分を見つめなおしてみましょう。

※イット!はオレンジ文字斜め読み

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。