夢の中にスマホやパソコン・・・電気製品が出てきたら。実生活の打開策5つを紹介

uranai_067

電子機器は現実で使っている用途と、夢の中での意味が一致していることが多い象徴です。
その「利便性」や、「扱いやすさ」から基本的には「状況の打開策」として意味付けられますが、扱い方によって解釈が変わる事もあります。例を5つご紹介します。

スマートフォン
人とのコミュニケーション、人間関係そのものを表します。誰かと夢の中で連絡が取れれば、現実でも誰かと知り合うチャンスが訪れるかもしれません。
スマートフォンを持っているのに誰とも話さない、壊れてしまって使えない場合はあなたが孤独を感じている状態です。

掃除機又は扇風機
人工で風を起こす機器には「膠着した状態を清算したい」「打開策を打ちたい」という願望が表れています。これから新しく起こることに備えて準備するという意味もあります。
それぞれの機器を夢の中で使うことで、気持ちが晴れやかになるのであれば問題解決の日も近いでしょう。

ラジオやCDプレイヤー
現在置かれている状況へのアドバイス、又はメッセージが含まれています。どんな音楽が流れていたか、ニュースの内容はどんなものだったか、注意してみましょう。
ゆったりとした音楽を聴いたのであれば、休息が必要かもしれません。ニュースが聞こえてきた場合は、周囲の意見に耳を傾ける必要があります。

スイッチ
事象の終わりと始まりを意味します。現在の環境が転換する際に見る夢で、スイッチを切るのは今まで関わっていたことに見切りをつけたり、実際にプロジェクトが終了することを意味し、スイッチを付ける夢は新たに何かが始まることを意味しています。

パソコン
世界中からありとあらゆる情報を得られるパソコンは、あなたにとって価値のある宝の山のようなものを象徴します。
あなたの情報提供者、または頼れるパートナーとして夢に表れることもあります。パソコンを延々と使い続ける夢は疲労の蓄積を意味し、新しくパソコンを買う場合は、好奇心、知識欲が高まっていることを意味します。

※イット!はオレンジ文字斜め読み

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。