占いの鑑定士は資格を有する職業ではありませんが、鑑定士の経験値でさまざまな鑑定レベルです

uranai_063

病気になった時、真っ先に駆け込む場所は病院です。でも、心が少し弱ったとき、どこに行けばいいでしょうか?誰かに相談したいと思う人もいるでしょう。ただ、悩みによっては誰にも話せないこともあります。出口の見えない迷路に迷い込んで、苦しい状況からすぐにでも抜け出したいと願うとき、多くの人は占いを頼ります。

「私の人生これからどうなりますか?」
「私はどうしたらいいですか?」

結果を求める質問は後を絶ちません。ですが、悩みに合った占術を選んで、結果が出たとしても、占いは鑑定士があなたの人生を決めることはできません。鑑定士は、資格は不要な職業ですが、その経験でアナタの人生を統計学などからの観点で助言を行ってくれます。

それを踏まえ「あなたが結果を踏まえて行動したこと」があなたの未来の人生を自身が作っていくと考えています。

一人で答えが出せない時は、占いが気付きを与えてくれます。自分を客観的に見つめ、弱い部分を改善し、成長させるための道具。それが占い本来の役割であることを心に留めておいて下さい。その上で賢く活用すれば、きっとあなたの人生に光が差し込んでくるでしょう。

占いの鑑定士という職業は、イット!が調べる限り、資格を有する職業ではありません。占術も幾多の方法があり、アナタに合った占いがあると思います。今は無料の鑑定を行う占いもありますので、気構えせずに鑑定してもらえる時代です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。