手相占いが当たる?生活に密着した手相の発信する情報量は多いというの話

uranai_060

東洋占いの中でも、老若男女問わず私達の生活と馴染みが深い手相占い。体調の変化と同様に手相が変わるため、自分の健康状態を知るための予防医学として捉えることもできそうですね。他にはどのような特徴を持っているのでしょうか?

手相占いの特徴
人の日常生活が出る部分を使用するので、現在の健康状態や開運方法、今後の運勢やその結果をより身近に感じながら占うことができます。場所、道具など状況に左右されず、ざっと見ただけでも全体運の把握ができ、時間もかからず気軽に通えるのが魅力です。手の形、大小様々な皺を判断基準とするため、情報量は多く、浮気線や結婚線などのユニークな線もあるので話題づくりにも事欠きません。

手相占いの短所
手相は時間の流れと共に形が変わるため(諸説ありますが、手相は変えられるとも言われています)、運勢の見方が早いサイクルで移り変わっていきます。又、占ってほしい本人の手を利用するため、他の人の気持ちや、外的な要因(就職試験の結果など)には手相占いは向いていません。

※イット!はオレンジ文字斜め読み

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。