夢占い – 夢にどんな意味が隠されている?「夢の中の気持ち」3つの感情から探る

uranai_042

今日はどのような夢を見ましたか?嬉しい夢?悲しい夢?目が覚めても覚えている夢ってありますよね。
嬉しい夢なら現実になればいいのにと願い、悲しい夢ならならないように願う。

悪いものであれば実生活でも心のどこかで気を付けてしまいますよね。科学的に夢はレム睡眠(深い眠りではあるが、脳は動いている状態)で記憶の整理などを行う時に見ると言われています。不必要な記憶を消去し、必要な記憶を固定化するそう。
科学的にも夢は意味あるものなのです。夢にどんな意味が隠されているのか、それを解くのが夢占いです。
今回紹介するのは「夢の中の気持ち」です。

  • うれしい
  • 目が覚めてもハッピーな気持ちが続く夢は良い夢。特に家庭や仕事の人間関係が良好になる暗示です。

  • 楽しい
  • 楽しい夢は必ずしも良い夢だとは言えません。特に楽しい、面白い人物が出てくる場合は現実であまり人間関係が上手くいっていないのでは?楽しい気持ちになりたい願望でもあるようです。

  • 怒る
  • 怒っている相手は人間でしたか?人間の場合は日頃のストレスの表れ。しかし人間以外の場合は運気が良くなる、物事が好転する暗示です。

    ※イット!はオレンジ文字斜め読みも可能です。

    あわせて読むならこんな記事

    知っておきたい占いのアレコレを紹介

    気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。