恋愛占い(干支) – 酉年[とり]・戌年[いぬ]・亥年[いのしし] の傾向と対策。

uranai_039

  • とり年生まれの傾向と対策

  • →とり年生まれは個性的。相手を探すのに苦労は少ないタイプです。派手で軽いイメージを持たれがちではありますが、意外に内面はとても真面目です。自分から積極的に口説くような事はありません。そのため結婚には大変慎重になり、晩婚になりがち。慎重に選んだ相手ですので、失敗は少なく幸せな家庭を築けるでしょう。

  • いぬ年生まれの傾向と対策

  • →いぬ年生まれは第一印象と中身が違うと言われがちなタイプです。冷静で感情の起伏があまりないような印象を与えますが、実はとても情熱的です。しかしその内面を抑えてしまいがちなので、思いが伝わりにくいようです。思いの丈を伝えたならば、恋愛は実りやすく、結婚に結びつきます。誠実なので、結婚生活は上手くいきます。

  • いのしし年生まれの傾向と対策

  • →いのしし年生まれは素直な性格です。好きになるとまさに猪突猛進タイプです。熱い性格で、相手との温度差に悩むこともしばしば。その熱い性格は仕事でも発揮され、結婚は意外に遅いようです。年齢を重ねた方が落ち着いた交際が出来るようになり、長く続きます。紹介やお見合いにも向いています。

    ※イット!はオレンジ文字斜め読みも可能です。

    あわせて読むならこんな記事

    知っておきたい占いのアレコレを紹介

    気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。