誕生日占い辞典・1月6日生まれの基本性格・運勢・有名人・誕生花・誕生色・有名人まとめ

1月6日生まれの方の画像

1月6日生まれの基本性格は、どんな性格なの?

1月6日生まれの方の基本的な性格は、我慢強くも内側に激情を秘めているタイプです。

リアリストで現実をしっかりと見つめるあなたは、夢見がちとはほど遠く、我慢強さで努力を重ねることができます。

しかし反面自分が掲げた理想や目標が高すぎて、融通が利かずに相手が付いていけないということもありがちです。

自分勝手に見られがちな1月6日生まれの方ですが、決して自己中心的なわけではありません。集団に入れば周りに気遣いを回せ、悩んでいる方には親身になれるという優しさも持っています。

1月6日生まれの方は、本人はそんなつもりはなくともリアリストなところと優しいところの二面性を持ち合わせています。

そこのギャップに魅力を感じる人は少なくありません。

1月6日生まれの恋愛運や金運などの運勢は?

オシャレをする画像

1月6日生まれの方の金運は大きく差が出ます。

1月6日生まれの方はしっかりと貯蓄できるタイプと浪費するタイプの2つがあります。ため込むタイプはたんまりとため込めるのですが、浪費するタイプはオシャレなどを努力しようとして浪費傾向になってしまうのです。

つまり1月6日生まれの方は、貯金に関して努力をするか・オシャレなどに関して努力をするのかの2パターンに分かれると言えそうです。

1月6日生まれの方の恋愛運は良い悪いとは言いにくいです。

リアリストで優しい1月6日生まれの方は、恋をすると不倫なんて不誠実なことは行わず1人1人きちんと見定め、自分が信じた相手を幸せにできる方。

ただ、それはあくまで誰かに好きになってもらったり結婚になった場合の話、自分から恋をした相手にアプローチをするのは大の苦手

真剣に恋をしたいという姿勢が裏目に出てしまういがちなので、そこは気を付けましょう。

1月6日生まれにまつわるまとめと代表的な有名人とは。

すみれの画像

1月6日生まれの方の誕生花はすみれ・花言葉は「誠実」「希望」、コチョウラン・花言葉は「あなたを愛します」など。

1月6日生まれの方の誕生色は「葡萄鼠」パーソナリティーは「ドラマチックな生活の実践者」。1月6日生まれの方の誕生石は「スター・ガーネット」となります。

日本では柘榴石とも呼ばれる深い赤色の石で、エネルギッシュな石であり勇気を分け与えてくれる石ともされています。また人間関係がうまくいかない時は守ってくれる石でもあるのです。

1月6日生まれの有名人は聖女・ジャンヌダルク、プロボクサーの亀田大毅さん、野球監督の中畑清さんなどがいらっしゃいます。

1月6日生まれにとって相性がいい誕生日は、才気あふれるカリスマ的存在の4月27日生まれの方や、誰にでも優しく親切にできる11月22日生まれの方などです。

逆に、個性的でエネルギッシュな3月25日生まれの方や、自分に自信を持てる勝気な9月27日の方とは、相性は良くないようです。

1月6日生まれの人の誕生日占いまとめ

  • 1月6日生まれの基本的な性格は、我慢強さで努力を重ねるタイプ。
  • 1月6日生まれの金運は、貯蓄するタイプと浪費するタイプのギャップが激しい。
  • 誕生石のスター・ガーネットは、勇気を分け与えてくれる石。
  • 1月6日生まれのよい相性は、4月27日生まれの方など。


1月6日生まれの方は、リアリストで努力家な一面と優しいところのギャップで周りを魅了します。

読み上げ時間:約198秒/斜め読み時間:約27秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。