タロットカードはいわば行動の羅針盤。自分磨きをしたいなら、言い訳を探すのではなく自分を変える勇気を持ちましょう!

占いには、自分自身という分かりにくいものを知るのに必要なのです。

人生に行き詰った際、占いに頼るのも手段の1つですが、占い嫌いの方もいます。

自分の人生が行き詰まったとき、貴方はどうしていますか?一人思い悩んで、時間が解決するのを待つ人もいれば、アドバイスを見つけ早急に対処をしようという人もいます。人生は学びの場でありますから。アドバイスを求める際、あらゆるものからいろいろなメッセージを受け取ることができます。

本や漫画や映画、たくさんの言葉が人間社会には溢れています。しかし、沢山のメッセージを自分の都合のいいように解釈をしてしまい結局同じ失敗を繰り返してしまう可能性だってあるものです。

そういうときは、自分だけではなく他人に頼ってみましょう。人を見る目に長けた人に、自分を客観的に見てもらうのも有効的な手段の1つ。そのために占いをと聞くと、好きな人は抵抗がないですが、苦手な人は胡散臭いと感じてしまうかもしれません。

胡散臭いからと占いを嫌う人には、まずはタロットカード占いから挑戦してもらいましょう。

占いと自分らしさ

しかし、タロットカードを使った占いは、他の占いとは少し違います。本物のタロットカードの占い師は人の運勢を当てることを目標としていません。大切なのは相談に来たその人の幸せなのです。

引いたカードによって、その人の未来を予測し、適切な行動をアドバイスすることに重点がおかれています。つまり、カードは運勢の良し悪しを決めるのではなく、行動の羅針盤のひとつというわけです。

理想を目指していながら何も変われないと悩む人は、結局、今の自分に納得の行く理由を探してばかりいます。逃げ道を探すのではなく、新しい自分になる勇気を持つことこそが大切なのです。

占いには、どんなに難しい鑑定結果が出ても、必ずそこから前向きな未来へと進める道が用意されています。恐怖だけを煽る人が入れば、それこそ偽物の可能性が高いため注意した方が良いでしょう。

占いには、自分自身という分かりにくいものを知るのに必要なのです。

  • 本や映画や漫画から得られるメッセージは今の自分を納得させるだけ。
  • 客観的に自分を分析してもらうためには見る目のある他人の意見が必要。
  • タロットカードは運勢の良し悪しを決めるものではない。
  • どんな結果にも必ず明るい未来へ進める方法があることを知っておく。


アドバイスを自分の好きなように解釈するのではなく、言葉そのものを受け止めるのです。

読み上げ時間:約136秒/斜め読み時間:約34秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。