風水占い⑥ ~健康風水~ 食べ物にも「気」があり、「陰」「陽」2つの気を持っている。

uranai_037

健康風水~食べ物にも「気」がある!をご紹介します。日々の付き合いで暴飲暴食の嵐を味わっている人も、健康志向の人も、食べ物に隠された「気のパワー」を知って自分の体を労わってくださいね!

食べ物には「陰」「陽」二つの気がある

食べ物は必ず、「陰」か「陽」の気に分けることができ、精神的なストレスを感じる時は「陰」の食べ物。体全体に疲労が溜まっているときは「陽」の気を持つ食品を取り入れると、免疫力が強化され、日々エネルギッシュに過ごせるようになります。

例を見てみましょう。

  • 陰の食べ物
  • 代表例…お米/おかゆ/玄米等の穀物類/豆腐/緑色の豆(枝豆など)/海藻類/お茶/小松菜のような緑色野菜/冷やし中華、冷麺などの冷たくてさっと食べられるもの

    メリット・・・取り入れることで心が落ち着きます。精神的ストレス、プレッシャーを感じる時に効果が期待できます。陰の気を持つ食材を好んで摂取する人は長寿傾向アリ。内臓への負担の低い食品群が多いのも特徴です。

    デメリット・・・摂取しすぎると、倦怠感や無気力、疲れを蓄積させる原因になります。肌の状態や顔色に表れやすいので、そんな時は、陽の気を持つ食材を取り入れてバランスをとりましょう。

  • 陽の食べ物
  • 代表例…味の濃い食べ物/バナナ、マンゴーのような熱帯地で育つ果物/赤唐辛子/肉類/魚類/甲殻類/チョコレート/焼き物や揚げ物など油を使う料理/炭酸飲料

    メリット・・・体を温め、免疫力を上げてくれます。陰の食品とは対象的に油を使ったこってりとした食品群が多く、仕事で疲労が蓄積している人や、運動で体力を消耗している人が取り入れると良いとされています。

    デメリット・・・過剰に摂取するとできもの、胸焼けの原因になります。特に辛い商品は胃へ負担がかかりやすく陽の気を多く含むので、陰の気を持つ食品で偏りを防ぎましょう。

    あわせて読むならこんな記事

    知っておきたい占いのアレコレを紹介

    気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。