占い中心の生活は危険!怖い依存症になってしまわないために、占いとの向き合い方はこうしましょう!

占いにのめり込みすぎて、本末転倒な結果になってしまわないように気を付けてください。

占いというのは、実は影響力が非常に大きく、依存性が高いものです。

辛いときや何かを変えたいときなど、占いはそのヒントを与えてくれる影響力の大きなものです。

仮にその内容が的中しなくても、自分の向かうべき場所を示してくれるわけですから、立ち止まってしまったときには特に重宝するでしょう。だからこそ依存度が高くなるリスクも秘めています。

もしも占い中心の生活を送り始めてしまったら、何もかもが占い頼みになってしまう可能性があります。そうなると自分で考えることや判断することが減ってしまい、大人女子には程遠くなってしまうどころか、むしろ危険な状態になってしまいます。

もともとは大人女子力UPのつもりで参考にしていた占いが、いつの間にか逆効果を生む要因になってしまっては本末転倒です。

そうならないためにも、占ってほしい気持ちを抑える強さや、日頃からの注意が必要になってきます。

占いを信じるうえでも大切なことは、自分の考えを持つことです。

占い依存の向き合い方

それから、ときには占いの結果を疑ってみることも大切です。よく良い結果しか信じないという人がいるように、自分で認めたくないと思う結果が出たときにはそれを信じない>という選択肢もアリなのです。

もしも既に占い中心の生活になってしまっているなら、尚更その脱却への近道にもなります。

大切なのは自分の考えを見失わないこと、自分で考えるのを止めないことです。大人女子には豊かな人間関係も付き物ですから、アドバイスをもらう相手に家族や友人を選ぶのもいいでしょう。

視野を広げて、自分には他にも頼れる相手がいるのだということを忘れないでください。占いはあくまでも参考程度に留めておくことが、大人女子としての向き合い方なのです。

占いにのめり込みすぎて、本末転倒な結果になってしまわないように気を付けてください。

  • 依存度の高さに注意をして、頼り過ぎない強い自覚を持ちましょう。
  • 占ってもらった結果を必ず信じるのではなく、ときには疑いも持つべきです。
  • 自分で考えることを大切に、それを止めてしまってはいけません。
  • 結果と正しく向き合って、大人女子力UPの糧にしましょう。


占いは参考程度にしましょう。信じたくない結果なら信じずに割り切ることで、占い依存にならないようにしましょう。

読み上げ時間:約120秒/斜め読み時間:約27秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。