鑑定士の先生には最初は冷やかし半分で・・・すみませんでした。今感謝です。【千葉県:28歳-金融業界】

uranai_031

元来、幼少期の頃から、占いなんて・・・って思っていた事は事実です。それに、社会人になってもその考えは変わりませんでした。もともと父親を早くに亡くし、母子家庭で育ち、決して裕福ではない生活でした。

例えば、一人暮らしを始めるときに、アパートの賃貸契約で保証人すらそのときの母親では駄目など、お金が無い事を親のせいにはしないまでも、人生なんて最初から勝ち組と負け組みは決まっている・・・。と。

自分の努力ではどうにもならない事がある。と悟った人生でした・・・。それでも、社会人になり、同僚の出世を横目に自分がイジケた男になっていくのが分かり、自分の人生が少しでも良くならないかな・・・と希望を持ち始めたのが2年前。

でも、どうしていいのか。自分にも人生が変わる転機はあるのか?と思い悩む生活でした。

占いに頼ることが自分の中でどこか恥かしく、それを隠したいが為に冷やかし半分で鑑定を受けてみました。

今となればこのサイトの鑑定士の先生に本当に感謝しています。コレは、本当です。人生に転機はあるのです。

それは、鑑定を受ける人それぞれに異なるものでしょうから、まず鑑定を受けてみるしかないのです。最初は本当に失礼な姿勢で鑑定を受けたこと、鑑定士の先生には申し訳なく思っています。それと、本当に感謝しています。

僕は、25歳から確実に人生も考え方も変わりました。今や会社では主任職です。年収もこの年では会社で1番です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。