風水占い – 占いと風水の違いは? ~服を着替えるように運気の流れを変える~

uranai_024

部屋に植物を置いたり、普段使う食器を新しくしてみたり、そんな小さな環境の変化でも、心が軽くなった経験はありませんか?「沈んだ気持ちを手放して、もっと快適に暮らしたい」そんな気持ちを「風水」は叶えてくれます。

風水は学問?!
「風水ってなんとなく胡散臭いな」というイメージをもっている人が多いかと思いますが、漢時代から蓄積されたデータを基盤にし、立派な学問として地位を確立しています。中国では現在でも多大な影響力を持ち、生活にも欠かせないものになっています。
しかし、日本人にとって身近な風水は「模様替え」や「ジンクス」などに近く、簡単に取り入れられることが一つの魅力になっているように思います。いずれにせよ、ひとつひとつのものに宿る「気」の流れを取り入れ、コントロールすればよい環境を作れるという思想がベースになっていることには変わりありません。

占いと風水の違いは?
そして、占いと風水の決定的な違い。それは「自分の運命や運気を、自分で変えていける」という点。家の窓の方角が悪いと思ったら、別のもので運気を取り入れればよいですし、洋服の色を変えたり、ソファの位置をずらしたり、簡単な掃除でさえもあなたの環境を良くする効果があります。

日ごろの環境を見直すためにも、風水というフィルターを通して自分の部屋を一度見回してみてはいかがでしょうか?運気アップに繋がるアイテムを見つけることができるかもしれませんよ。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。