血液型占い~その傾向と対策⑫~血液型別適職紹介(AB型が向いている仕事)

uranai_021

今回は天才肌が多いと言われるAB型の適職を紹介します。一つの思考に囚われず物事を判断できるAB型。時には意見がころころ変わると誤解されることもあります。そんなAB型の良い性質を最大限に生かせるのはどんな環境でしょうか?

「AB型の適職」

~「チームワークよりも個性を生かせる職場を選ぶ」~

AB型の独特の思考パターンは職種に関係なく、今までにない発想や行動を生むことがあります。ひらめきを必要とする研究者や学者、デザイナーや芸術家など、専門性の高い分野で力を発揮できるでしょう。ただし、どんな仕事であっても、才能を開花させられるのは「個人的な仕事」に限られます。周囲がAB型のフットワークの軽さについていくのはなかなか大変です。理解を求められる場所を探してみましょう。

「向いていない職業」

~「伝統を守る仕事」~

人とのコミュニケーションが上手くいけば、大体の職業である程度の成功を収めることができます。ですが、中には一度決めたことをあっさりと覆してしまうあなたに不満を感じる人も。しきたりが強く、変化の少ない仕事を選ぶと苦労するかもしれません。どちらかと言えば人に使われるよりも、人を使う方が向いているので、今仕事を探している人は企業してみるのもいいかも?客観的な状況判断能力と、発想力を持つAB型リーダーは部下から慕われるでしょう。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。