血液型占い~その傾向と対策⑪~血液型別適職紹介(O型が向いている仕事)

uranai_019

今回は、何故か企業家や政界に多いO型の適職を紹介します。気がついたら後輩が何人もできていた。というO型の生まれつきのリーダー気質を理解して、就職活動の自己分析に活かしてみてください。面接でもちょっとした話題になるかもしれません。

「O型の適職」

~「集団をまとめ、上手に動かしていく元来リーダー気質アリ」~

O型は成功するために、必要な情報を収集し、くまなく調べ、「これなら絶対にやれる!」と確信してから行動を起こします。慎重派というわけではありません。実際に聞いたことや、見たことを納得した上で決めたいのです。これに大胆さが加われば、類稀なる分析能力と行動力で、自然と周りに人がついてきます。
もし求職中であれば、「スーパーバイザー」など自分の下に誰かがいるからこそ輝ける職業を選ぶと良いでしょう。分析力を生かした「マーケティング関連分野」も適職です。

「向いていない職業」

~とくになし。状況次第で「向き不向き」が変わる~

どの分野でもリーダーシップが発揮できれば大成功間違いなしのO型。ですが、O型に向いていない状況、というのがあるのも確かです。例えば自分が下の立場だった場合、頑固なところが災いして、自分の意見を曲げられずに上司と対立してしまうかもしれません。上手く妥協できる点を見つけて、仕事を自分に有利に運びましょう。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。