血液型占い ~その傾向と対策⑧~もし悩みを相談するなら?(O型&AB型編)

uranai_016

「もし悩みを相談するなら?(O型&AB型編)」をご紹介します。血液型占いを通して、自分の心強い味方を探してみましょう。さて、あなたの相談者としてベストな人は何型?

O型

「大変そうな問題だ」と思えば真剣に話を聞いてくれるO型。その一方で「たいしたことない相談だな」と判断すると、聞いているフリで流してしまうことも?!これはO型が「自分にとってどのくらい重要な内容か」という判断基準を持っているため。また、会話を止めてまで相手を説得しようとはしません。一旦全てを聞いた上で情報を処理するので、悩みの当事者以上に素早く「何が問題か」を突き止めてしまうかもしれません。

AB型

AB型の意見は沈着冷静で感情の色が見え難いところがあります。そのため、多くの人は相談を持ちかけることを躊躇してしまいます。ですが、AB型の客観的思考は本気の相談をするには持って来いなのです。自分の考えに固執せず、いいと思った内容は誰が発言したかを問わず進んで取り入れるので、悩みのケースに応じて具体的な解決策を提案してくれることでしょう。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。