血液型占い ~その傾向と対策⑦~もし悩みを相談するなら?(A型&B型編)

uranai_034

一人で悩むより、誰かに話を聞いてもらった方が心が軽くなることもあります。血液型を通して見てみると、悩み相談の得意、不得意があるのがわかります。血液型を通して自分にぴったりの相談相手を探してみましょう。

A型

義理人情に厚く、相手の話に親身になってくれるのがA型。一緒に悩み、同情してくれる姿に、ほっとさせられる人も多いでしょう。ですが、思いやりの気持ちが強すぎるのが裏目に出てしまい、悩んでいる本人にアドバイスすることが苦手です。一緒になって悩んでくれはしますが、具体的な解決策は期待できないかも。ただ、話を聞いてもらってスッキリしたいときには、A型は適任です。

B型

あまりうだうだと悩んだりしないB型。B型男性の場合は特に、他人に対して楽観的な考えを押しつけてしまうことが少なくないようです。時には、答えがズバリ的確すぎて、相談相手を傷つけてしまうこともあります。ただ、自分の意見をしっかり固めたいのであれば、B型の論理性から導き出された具体的な意見を元に、真剣にアドバイスをしてくれるので相談してみるとよいかもしれません。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい占いのアレコレを紹介

気が付けば週末!月末!あぁ1年が終わる……!私たちはそんな日々を繰り返しながら生きています。変化のない毎日を変えるきっかけも占いブームの理由でしょう。神社に行ったらおみくじを引く人も多いことから、普段あまり占いを気にしない人も節目では自分の運勢が気になっている事がわかります。