アナタの心の中にある、仕事に対する思いを探ります – イット!心理テスト②

shinri_011


あなたの部屋に書斎があります。その仕事机にふさわしいと思うものはどれ?

心理テストは選択する文章を読み、直感で答える事で診断の正確性が高まります・・・。

部屋に書斎が無くても、ある。として直感で選んで下さい。
書類を置いたり、デスクワークをしたりする大事な机。どのような机を選ぶのか・・・?

アナタの仕事に対する深層心理を分析します。


仕事への思い入れ『20%』
今の仕事にも、これからする仕事にも大きなこだわりが無いタイプです。例えば、今の仕事に不都合が出てきたら、すぐにでも諦め、挑まず辞めてしまう。ですから、反面、適応能力はピカイチ!


仕事への思い入れ『60%』
人に見られて『カッコイイ!』と思われる仕事を選ぶ傾向にあるタイプです。仕事を内容で選ばず、例えば、会社のネームバリューにこだわったり。など。それでモチベーションが保てれるのであればいいのですが・・・。


仕事への思い入れ『99%』
仕事にもメリハリを付けて、楽しくできる人です。結果にこだわり、粘り強く仕事に取り組む姿勢ですから、やりがいがある仕事に出会ったと感じたら、その仕事に一途に向き合える職人気質な面も持っています。


仕事への思い入れ『40%』
他人の意見を参考にしながら、『まっさらな自分』という存在や立ち位置に色を付け加えていくタイプ。ただ、『自分にはこの仕事は合わない』と感じたらすぐに諦める面を持ち合わせています。

※イット!はオレンジ文字斜め読みも可能です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。