さり気なく、相手の身体に触れれば相手の警戒心が消え失せる法則

shinri_004

アメリカのある実験の話です。レストランでウエイトレスが何気なく客の腕を触ると触らなかった場合と比べチップの額が多くなった。

日本でもこれと同様の実験をした結果があります。

街頭でアンケートをする仕事の女性が回答者の腕を軽く触りながら答えてもらった人とボディタッチ無しで答えてもらった人のグループに分け、回答後にわざとその人の前で用紙の束を落としてみました。そうすると、腕を触りながら答えてもらったグループのほうが触らなかったグループよりもはるかにその用紙を拾ってくれる割合が多かったのです。

適度なスキンシップは相手の警戒心を和らげるという事なのです。


苦手な人を取り込む時こそさりげない肩へのボディタッチ!

※イット!はオレンジ文字斜め読みも可能です。

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。