大人女子の憧れ・ディズニープリンセスから学ぶ恋愛心理!彼女たちが素敵な恋ができているのはどうして?

プリンセスのような恋は出来る!

テレビや映画や本の世界では、恋愛を題材にした作品が数多くあります。

特にディズニー映画に出てくるプリンセスたちは、幸福な恋をするという印象が大きいでしょう。

かつて小さな少女だった大人の女性たちも、プリンセス達の恋模様に憧れた人も多いはず。ちなみに私は一番「美女と野獣」が好きでした。

しかしそんな恋愛物語を読んだり見たりしても、現実ではこんなこと起きるはずがないと思ってしまいます。


確かに、私たちの前にはガラスの靴もなければ、陽気に歌い踊る家具もありません。そんな魔法は現実には存在しないのも確かです。

ですが、魔法が存在しないからと言って、あんなにも素敵な恋ができないというわけではないのです。では、どうしたらプリンセスたちのように素敵な恋ができるのでしょうか?

アラジンのジャスミンのように真の通った姿勢でしょうか?白雪姫のような素直さでしょうか?シンデレラのような諦めない心でしょうか?それともプリンセス共通の美しさでしょうか?

確かにそれもあるかもしれません、ディズニーは道徳的な一面もあり、人として大切なことをたくさん教えてくれます。けれどそれらは些細な事。

あの素敵な恋へと導いたのは、実は恋の障害。つまりは周囲の反対や、悪役ことヴィランズたちの存在なのです!

ロミオとジュリエットは周囲に反対されればされるほど、2人の愛は深まっていき、最後は死を選ぶほどに激情的なものになります。

このように、周囲の反対によって愛が深まることを「ロミオとジュリエット効果」といいます。恋路を邪魔するというのは火に油を注ぐ行為なんですね。

周囲に反対されたカップルが愛情や絆を深めるのは、2人で危機を乗り越えたという、共通の達成感を感じるからでしょう。

そういわれてみれば、確かにそうな気がします。囚われのお姫様を助けに行く王子というシュツエーションというのは、おとぎ話の鉄板。2人の間に障害があるからこそ、その愛は深まってゆき、長く熱く燻るのでしょう。

私たちには魔法はありませんが、だからこそ魔法以上の素敵な恋をすることができるのです。

プリンセスのような恋は誰だって出来る!

  • ディズニープリンセスたちの素敵な恋
  • プリンセスの恋は現実でもできる?
  • 恋を燃え上がらせるのは、障害
  • ロミオとジュリエット
  • 魔法がないからこそできる魔法以上の恋


魔法がなくたって、素敵な恋は現実にだって訪れます。

読み上げ時間:約147秒/斜め読み時間:約38秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。