メンタルを強くするには体を鍛えましょう!ストレス社会に負けないための大人女子力アップ方法公開します!

メンタルを強くする方法

うつ病は、今や誰もが罹ってしまう危険性を持った恐ろしい病気。

だからこそ、ストレス社会と呼ばれる現代日本では、体力とメンタルの強さもまた大切です。

大人の女性として、社会でも重く期待される面や簡単にあしらわれてしまう面などあります。

また、子育てに奮闘する大人女子も子供を育てる大変さ。

そして夫へのストレスなどもついつい溜まりがちになってしまうことも。


だからこそ、負けないメンタルの強さというものが欲しくなりますが、実際強い精神とはどんな風に手に入れるのかわからないものです。

ここで注目したいのが心と体というのは大きく関係があるものです。

精神と体というのは、分けて考えることはできないもの。食事や休憩がきちんと摂れていないなら心身を衰弱させてしまいます。

ストレッチや運動を欠かしてしまえば、血行は悪くなりこれもまた、心身を衰弱させる要因になります。

心を鍛える脳内物質に、セラトニンというものがあります。この物質が不足することでうつ病を発生しやすくなるといわれています。

つまり単純な話、うつ病予防にはセロトニンを増やす作用を引き起こせばいいということになります。

だったらその引き起こす作用が何なのかというと、運動をすることなのです。特にリズム性の運動がよいとされ、ダンスを筆頭にジョギングやヨガもよいとされています。

セロトニンが活性化すると心が元気になり、むくむくと意欲が湧いたり集中力も上がります。つまり、いろんな方向から元気になるエネルギーを沸かしてくれるのです。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」ともいいますから、心の健康を願うなら、まずは運動からということになるのです。

メンタルを強くする方法

  • メンタルを強くしたい
  • 心と体の関係
  • 心を鍛えるには?
  • セラトニンの効果


ストレスはためない!体を鍛えて心も強くなる。

読み上げ時間:約121秒/斜め読み時間:約30秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。