自慢話を終わらせるには褒めることが効果あり

仕事に生かす心理

自慢話は、語っている人は気持ちいいですが聞いている人はうっとうしいと思いがちです。

実際、自分の話ばかりする人は嫌われやすいのだとか。

とはいっても、相手によれば自慢話も聞かなくてはいけなかったりもします。

うっとうしい話題を終わらせたいときは、褒めるのがいいです。

そもそも自慢とは、認められたいという欲求を抱えているからこそ置きます。

つまり、解決策としたらある程度褒めることが必要になります。

しかし、褒めすぎは逆効果です。

褒めすぎると調子に乗ってしまい、延々とおしゃべりに付き合わせてしまうことも。

褒めるときは簡素に、心から感動するふりをしながら、すっと話題を移すことが大切なのです。


自慢話は嫌いな人がほとんど。そもそもあまりしない方がよいのです。

読み上げ時間:約53秒/斜め読み時間:約15秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。