人の癖やしぐさは人の心が見える、抑えるべきポイント

仕事に生かす心理

心理学は、様々なシーンで使用できます。

例えば、相手の心は、しぐさに表れるものなのです。

そのためにも、相手の心を知るために相手の普段の状態を知っておくことです。

相手がいつもと違うことに気が付かなければ、迅速に反応ができません。

普段から周囲を意識的に観察して、変化が見られた部分についてすぐに反応できるようにします。

また、人は誰しも癖を持っています。

人の癖を見ることで、相手にどのように接するべきかが見えてきます。

口をかみしめる癖がある人は、緊張しやすい性格だという表れ。会議などで、頻繁に足を組み替える人はイライラしている証拠です。

これらの癖をよくする方、周囲にいらっしゃいませんか?


「なくて七癖」人の癖は相手の心を知る、一つの近道です。

読み上げ時間:約52秒/斜め読み時間:約21秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。