兄弟はいる?いない?家族構成は性格に関係する

仕事に生かす心理

当たると評判の「生まれ順診断」をご存知ですか?

一言で言ってしまえば、自分が何番目に生まれたかで性格が決まるというもの。

人の性格というのは、生まれ育った家庭環境に大きく響きます。

なぜなら、人が初めて出会う社会とは家族のことだから。

兄弟の有無や兄弟内での位置づけがその人の性格や生き方を決定づけると謳われているのです。

心理学的に実証されているものとは限らずとも、占いや性格診断でも取りあげられてもいます。

例えば第一子、真ん中っ子、末子、一人っ子の4パターンがあります。

兄弟の中で年長の子は面倒見が良く支配的に。

上の子と下の子に挟まれた真ん中っ子は、自立心が高い精細な性格に。

末っ子は甘えん坊で自己中心に。一人っ子はマイペースで夢想家になるといわれております。


貴方の性格は生まれた時点で大体決まります。

読み上げ時間:約57秒/斜め読み時間:約21秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。