当たる占いの正体は、心理学が関係しているから

仕事に生かす心理

幸せになりたい。そう願わない方はいないでしょう。

そのとき、人々は世界・時代を問わず占いに頼ってきました。

占いといえば、星占いから、血液型占い、手相占い、タロットなど様々。

信じないという方も多くいらっしゃいますが、良い結果というのは嬉しいもの。

信じようが信じまいが、背中を押されたり気を引き締めるきっかけにも繋がります。

では、どうして占いとはこんなに大きな力を持っているのか。

実は心理学と占いは、大きくかかわっているからなのです。

例えば、とある一般的な性質を持った統計に対して、「自分のことだ」と思ってしまうのも、占いに使用される心理学の一つです。


占いは、実は心理学を応用したものだから、当たらないと思ったら大間違いなのです。

読み上げ時間:約52秒/斜め読み時間:約14秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。