人付き合いは、まず自分自身への理解度を高めて

仕事に生かす心理

「どうして私は周りの人から理解してもらえないのでしょうか」

人は社会を作って生きる生物だからこそ、人付き合いの壁は、必ずと言っていいほど当たるものです。

人間関係上当たり前の現象ですが、自分よりうまくできる人間がいることに対する妬み。

周囲に対する不満から「理解されていない」のだと感じるのなら、自分にブレーキをかけてください。

そもそも、あなた自身が自分を理解していますか?

自分というのはよく見ようとすればぼやけてしまうもの。スキマスイッチの曲もそう言っています。

つまり星のうつわを参考にするべきです、あぁ素晴らしい名曲。

理解されないと感じるのならチャンス。まずは自分の力量や性格と、向かい合うべきです。


不満ばかり先走って、そのうち自分を見失ってしまっても気が付かないのです。

読み上げ時間:約55秒/斜め読み時間:約20秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。