イメージカラーは自分の心理と印象を象徴してる

仕事に生かす心理

イメージカラーという言葉があるくらい、色は心に影響をもたらします。

黄色は明るさや希望。緑は落ち着きや安定。青は冷静さなどを連想させます。

色のイメージを利用し、使い分けることで、自分のイメージを操作することができます。

例えば、第一印象には緑系の色をした服を着ることで、安心感を与えられます。

仕事をするときには気合を入れるために赤い眼鏡やネクタイを。

特別な席では紫の小物を身に着けて、うるさすぎない上品な高貴さを演出します。

色には特徴があるために、作りたいイメージに沿った色を身にまとうことで良い印象を与えられます。

また、自分が求める色や好きな色からは、その色が与えるイメージを欲しているということでもあります。

自分の心理や相手の心理を推測する、ヒントの1つとなるのです。

読み上げ時間:約54秒/斜め読み時間:約8秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。