「別に」は不満が募った諦めから来る。

仕事に生かす心理

「別に」この一言で一躍「エリカ様」のあだ名で有名になった沢尻エリカさん。

映画の舞台挨拶で、多くのことでいっぱいいっぱいになってしまっていた為に出たという発言だそうです。

そもそもこのような発言をするときの気持ちはどういう状況なのか…

「別に」=「言いたいことはない、どちらでもいい」というわけではありません。

言いたいことはあるけれど、「どうせ自分の気持ちをきちんと聞いてもらえない…」という諦めからの発言なのです。

かなりの批判が集まった彼女ですが、彼女自身も、不満が溜まっていて爆発したからこその発言だったと語っています。

学校でも不機嫌な顔をしながらも「なんでもない」とふて腐れる人は多いですが、不満を抑えているようでは後々に問題が生じるかもしれません。

やんわりと食い下がって話すように促してみれば、少しでも不満を落ち着かせることはできるはずです。

読み上げ時間:約61秒/斜め読み時間:約9秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。