鬱(うつ)対策。ストレス解消法に鏡

仕事に生かす心理

ストレスが溜まってしまったときに、うまいこと逃がさないと、落ち込んだ気持ちを引きずってしまいます。

また、一度怒り出すと自分でも驚くほどに怒りが暴走してしまうこともあるのです。負の感情は、自分自身でコントロールすることは難しい。

早期に感情を整えなければならないときに、鏡を見てみてください。鏡は己を客観視させる道具です。

イライラしている顔を自分で見ることで、どんなに恐ろしい顔をしているのかを自覚でき、目を覚ましてストレスを落ち着かせてくれます。

落ち着きさえすれば、乱れた髪型や、崩れた化粧なども直そうという気持ちも芽生えるのです。

自分の負の感情を感じているときの顔を自覚することで、怒ったときや苛立ったときにその顔を思い出せば、自身の感情をコントロールしやすくするのです。

読み上げ時間:約55秒/斜め読み時間:約10秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。