セールスの会話術「イエスセット」の力

仕事に生かす心理

セールスの方法に、「イエスセット」と言われる会話術があります。

これは、相手が「イエス」としか答えようがない話題で会話を何度か重ねた後で、本題を切り出し、相手に「イエス」と言わせるという方法なのです。

初対面のセールスマンや営業マンが、天気の話から切り出すのが多いのは、この「イエスセット」を使っているから。

「お庭の花がきれいですね」「この辺りはずいぶんとにぎやかになりましたね。昔と変わったなぁ」

なんて会話を始めると、特に高齢の方は話に耳を傾けやすくなります。

そういった対話を繰り返すうちに、「このお試し商品を使用してみませんか?」と言われると、客は「使ってみます」と言ってしまうことが多いのです。

これは、交渉術を簡単に上げてくれる方法のひとつであり、和やかな会話は、他人の心を開きやすくする力を秘めているのです。

読み上げ時間:約55秒/斜め読み時間:約13秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。