鬱(うつ)対策。「否定」は本音を聞かせてくれる。

仕事に生かす心理

悩みを抱えている人に、「どうしたの?教えて」と聞くと、「なんでもない」という返答がよくあります。暗い顔をしているのになんでもないわけなんてありません。

「聞いてほしくないならそんな顔しないでよ」と言いたくなりますが、相手も相手で葛藤中。

素直に話してくれる方もいらっしゃいますが、そんな状態なのだから、余計に固く口を閉ざしてしまうでしょう。だからといって、素直じゃないことに対して怒ってはいけません。

冷静に相手の気持ちをコントロールするのなら、「無理して話さなくていいからさ」と否定します。

自分が望んでいることを否定することで、結局は思い通り、相手は話し始めてくれるのです。

皮肉効果と呼ばれるもので、これを利用すれば物事を自分の進めたい方向にスムーズに進められます。内容に制限を設ける制限効果とともに使うことで、効果がとても強いです。

読み上げ時間:約60秒/斜め読み時間:約11秒

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。