表情の違う右顔と左顔?

仕事に生かす心理

意外と知られていませんが、人の顔というのは左右対称ではありません

自分の顔を鏡でよく見てみると、筋肉のつき方や張りが左右で大きく違っていることがわかります。

さらに、顔の向きによるイメージの差には傾向があることがわかっています。右側は切れ長でキリリとしており、左側は柔和でゆるい表情になる人が多いのです。

試しに自分の正面写真を撮り、右側の顔と左側の顔をそれぞれ反転させると、本来の顔とは全く違うふたつの顔が現れるでしょう。

この違いを覚えておけば、ビジネスにも応用することができます。

論議をしたり説得したりしなければならないときはシャープな右側を見せ、初対面の相手などには優しい印象の左側を見せるようにするのです。

常に顔の角度を気にして傾けるのではなく、右側を見せたい時には相手の左に、左側を見せたいときには相手の右に席を取るようにするとよいでしょう。

多くの場合、顔立ちは右側のほうが整っているとされ、写真撮影の際には右の頬を見せるようにすると綺麗に撮れるという人も多いのです。

左右の特性をうまく利用して、顔の印象をコントロールしましょう。

読み上げ時間:約78秒/斜め読み時間:約19秒

※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。