やる気は突き放されると起きる

仕事に生かす心理

テストやレポート。仕事に家事……日々の生活でしなくてはいけないことは多いです。それなのに、やる気というのは一度落ちると自力で上げるのは難しいもの。

そんな時に、自分で自分を追い込んでやる気を強引に引き出そうとする方が多いと思いますが、これでは、やる気というのはなかなか起こりません。

逆にやる気がなくなることだってよくあります。

この場合はむしろ、「やらなくてもいい」というスタンスを取る方が、やる気が起きるのです

ダイエット中にお菓子を禁じられたら余計に食べたくなります。人は禁止されたことをやりたくなるという心理があるために、それを逆手に取ればいいのです。

「無理なら勉強しなくてもいいよ」「貴方はこの仕事をやらなくていいから。」こう突き放されると、なんだか慌ててやらなくてはいけない気がしてきませんか?

読み上げ時間:約58秒/斜め読み時間:約14秒

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。