丁寧さで営業契約を勝ち取りやすく!

仕事に生かす心理

ホテルや高級旅館などで、仰々しいお出迎えというのがよくあります。驚き戸惑うけれど、どこか嬉しく、少し優越感を感じます。この丁寧さに、相手は思わずどっしりと構えてしまいたくなります。

この心理を利用すると、自分が行きたいと思っている方向へ話を進めることができやすいです。

営業職を営む方にとって、相手を担いで持ち上げて気分を良くさせることで、契約や約束を結びやすくさせることができるのです。

特に大きな契約だと、最後の最後まで気が抜けずに神経を張り巡らせている状況下となります。

そこで丁寧にしすぎるくらいの対応を取ることを心がけることで、契約成功のコツになってくれるでしょう。

また、丁寧さというのは無駄なトラブルを避けるためにも使えます。様々な場面での奥の手の1つとしても、知っていて損はないのです。

読み上げ時間:約60秒/斜め読み時間:約12秒

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

知っておきたい心理学のアレコレを紹介

心理学を学んでいます。と人に言うと「人が何を考えているかを知ろうとする嫌なイメージ」だったり「心理学って何を学ぶの?難しい・・・」など、さまざま思われがちですが、私たちの日常生活を行う中で、ちょっとした気遣いや協調性、事を上手く進めるための仕事術と実は心理学とは深い関係があります。もちろん自分が本当は何を欲しているのか?といった自己の深層心理も心理学を身に着けておけば人生がより良いものになっていくかもしれません。相手の真相心理も分かっておけばコトが穏やかに進んで行く事にもなるわけです。