大人女子の婚期についてのまとめ

少しオカタイ(?)運勢占いの歴史

占いの歴史は長く、卑弥呼の時代ほどまで遡ります。

稲作は天気に左右されるため、雨が降る日を言い当てた占い師は絶対的地位を築いたとも言われています。その後も戦の勝敗や流行病を占うなど、政治や歴史に深く関わってきたのが占いです。

日本だけでなく世界中で何千年もカタチや種類を増やしながら続いてきたものなのです。

占い自体を鼻から倦厭したり恥ずかしさを覚えたりする人もいるようですが、未来を知りたいという気持ちは先代の人々も抱いてきた事を知ると占いへの親近感が湧いてきます。

昔は占いに心酔し、その結果だけが全てだった時代があります。
私たち現代人が違うのは「見極める目」を持っているという事。自分に必要な情報だけをうまく選び、占いをも有効活用していきましょう。


大人気お弁当レシピスクラップブログ
今あなたの手相がどういう運命を示しているかご存知?手相占い・鑑定スクラップ