不精な性格は、婚期を確実に遅らせることを自覚して下さい

konkatsu_012

「婚期を逃す人の特徴」として、まさか!女性が・・・?という最近多い女性の不精な性格がまねくお話。

とにかく不精

日本人の10人に9人は携帯を持っているこの時代。メールや電話を駆使せずに婚活を進めている人はもはや皆無でしょう。携帯電話普及の影響で、人との出会いはより素早く簡単になりました。

しかし、その陰でソーシャル疲れを起こす人も続出!携帯電話との付き合い方を改める人も増えています。それでも、気になる相手へのコンタクトはまめに行うことを勧めます。

「働き盛りの30代~40代の男性女性だからこそ、連絡を取るように私達はおすすめしています。メール不精はせっかくのチャンスを有効活用できずに、出会いを終わらせかねないからです」

「長さ」「頻度」を重視!「内容」は相手を労う言葉をプラス

「ご成婚に至らなかった例では、女性のメールがあまりに頻繁すぎて、辛かったと打ち明けてくださった男性もいらっしゃいます。ですが、女性があまりにメールをしなかったために、男性がフェードアウトしてしまう例も数多くあります。」

—-女性の方がまめという印象を持っていましたが、そうじゃないケースもあるんですね!

「そうなんです。特に働き盛りの30代~40代の婚活は会うのでも一苦労、という場合が多いので最低2週間に1回、連絡を取るようおすすめしています。」

—-やっぱり、長文だと引かれますよね…?どんな内容がいいんでしょうか?

「そうですね。文章はコンパクトな方がいいですね。また、内容には、些細な事でも良いので相手への質問文を含めましょう。あいさつにはお仕事への労いがあるとほっとできるので、「またメールが欲しいな」という気持ちになるでしょう。付かず離れず、やりとりをゆっくり続けていく気持ちを忘れないようにしてください。」

いかがでしたか?人との付き合いは昔から言われているように「付かず離れず」が長く続く王道のようです。忙しくとも、相手の事を考えているよ、というアピールは忘れないようにしましょう。ありがとうございました!

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婚活の知っておきたい!基礎知識

婚活を頑張ってみよう!と一念発起。さぁ何からはじめましょうか?誰に相談しましょうか?女性にとって、結婚とは一世一代のこと。インターネットが盛んな時代ですが、本当の婚活(結婚相談)の為の知識や、準備のこと、結婚相談所を利用する場合に婚活(結婚相談)イット!がお役に立つ情報を随時更新します。幸せな結婚、あきらめないで下さい。