結婚する前に身につけたいこと(女性編)~「家族」との繋がりに敏感になる

konkatsu_005

結婚後は、旦那様のご両親とのお付き合いも増えますし、出産育児ともなれば自分が手本を示さなければなりません。今回は結婚する前に身に付けておきたい視点を三つ、紹介致します。

「伴侶の出生地に敏感になる」

お互いに出生地が違う、または、片方だけは違う国で育った・・・という場合は今後、両家のお付き合いを考えると「出生地について学んでおくこと」が重要です。「どうしてこんなことするんだろう」という事は、大抵両親の影響を受けています。両親が年配である程出生地のしきたりや伝統を重んじている可能性が高いので、将来的にその土地で暮らすことになる場合、事前に知識を入れておけば環境になじみ易くなります。

「冠婚葬祭のルールに敏感になる」

TPOを弁えるのは「妻」として社会に認められるために大切な要素でしょう。これにも地域性はありますが、経験と共に学ぶのが良いです。近頃は宗教を重要視しない人達が大半ですが、法事のような集まりがあると無関心ではいられなくなります。宗派で行われている行事を調べたり、ご両親が大切にしている事をさりげなく聞いてみると、今後執り行われる行事で自分の立ち居地を見つけやすくなります。

「家事仕事に敏感になる」

今までの家事仕事を見直してみましょう。買い物の仕方一つとっても、食材がどこで作られたか意識したり、細かいところに着目していくと、「家族」という社会を支えるために、あなたが重要な仕事をしていることに気が付くはずです。「何気なく過ごす日々には、ひとつひとつ意味があるのだ」という自覚を持つと、あなたの力で誰かを動かしていることを実感できるでしょう。

※イット!オレンジ文字斜め読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婚活の知っておきたい!基礎知識

婚活を頑張ってみよう!と一念発起。さぁ何からはじめましょうか?誰に相談しましょうか?女性にとって、結婚とは一世一代のこと。インターネットが盛んな時代ですが、本当の婚活(結婚相談)の為の知識や、準備のこと、結婚相談所を利用する場合に婚活(結婚相談)イット!がお役に立つ情報を随時更新します。幸せな結婚、あきらめないで下さい。