痛い女にならないための恋愛の仕方。失敗しない恋の鍵は『手に入りそうで入らない距離』?一体どういう事なのでしょう?

貴方は大丈夫?いい歳になった大人女子になら"痛い恋"はもう卒業しましょう!

恋とは、基本どんな人にするものなのでしょうか?実は共通点があるのです。

婚活をする大人女子なら、誰もがしたことのある『恋』というものがありますが、恋心というのは、一体どんな風に生まれるのでしょうか?

昔「希う」(こいねがう)と呼ばれていた恋。恋心とは基本的に、簡単に言ってしまえば「欲しい」という思いから生まれます。

人というのは、欲しい物だと興味を持つのは、人であれ道具であれ「手に入りそうで入らないもの」だそうです。どういうことかというと、つまり人が恋をするのは、この手に入りそうで入らないものなのです。

しかし、ここで大切になるのが、その手に入りそうで入らない距離を決めるのは自分自身であるということです。

どういうことかというと、本当に手に入るか入らないかのものではなく「自分自身が手に入りそうで入らないものと考えているもの」に興味が行くということ。つまり自分の気持ちのさじ加減が関係するのです。

大人の女性ならこれはやめたい!哀れみの対象になってしまう”恋する痛い女”にご注意を。

痛い女の恋

よくベタな恋愛ドラマである話で、「○○は私のものなんだから!」的なことを言っている女の子がいますよね?

そのお相手は学校では人気の男子というパターンが多いですが、一方で女の子のほうは彼にキャーキャー言ってる女の人の1人というカンジ。そしてその女の子は恋愛経験が少ない人だったりします。

つまりこの女の子は、男性から見ればどこにでもいるどうでもいい人間の1人なのに、彼女は自分の価値を過大評価しすぎているんですね。

人は恋を繰り返すうちに、自分の価値が分かってきてどんな異性が「手に入りそう」なのかを理解してゆきます。恋愛ドラマのライバル役は失恋で終わるのは当然なんです。手に入らない相手を『自分ならできる』とうぬぼれてしまうのですから。

そもそも男性は、人として傲慢な人間を嫌います。癒し系の、謙虚ながら芯が通った女性を好むのです。恋愛対象外になって当たり前なんですね。

貴方は大丈夫?いい歳になった大人女子になら”痛い恋”はもう卒業しましょう!

  • 恋とは、どんな人にするものなのでしょうか?どんな風に生まれるのでしょうか?
  • 自分自身が手に入りそうで入らないものと考えているもの。
  • 恋愛ドラマのライバル役の少女は、どうして恋がうまくいかないのでしょうか?
  • 恋とは、傲慢になってはいけません。男性は傲慢な人が嫌いですから。


婚活の際に恋をするのなら、痛い恋ではなく自分に合った恋をしましょう。決してうぬぼれたりしないように。

読み上げ時間:約138秒/斜め読み時間:約37秒
※イット!オレンジ文字ななめ読み推しの理由

あわせて読むならこんな記事

婚活の知っておきたい!基礎知識

婚活を頑張ってみよう!と一念発起。さぁ何からはじめましょうか?誰に相談しましょうか?女性にとって、結婚とは一世一代のこと。インターネットが盛んな時代ですが、本当の婚活(結婚相談)の為の知識や、準備のこと、結婚相談所を利用する場合に婚活(結婚相談)イット!がお役に立つ情報を随時更新します。幸せな結婚、あきらめないで下さい。